東京交流会開催します!2/16(土)@カフェ・キュービック

「ぴたらに行きたい!」

と思っていてもなかなか山梨まで来れない東京近辺にお住まいの方。

有機野菜に興味があるけど、実際どんな風に、どんな人が作っているの?

農的暮らしってどんなもの?

ぴたらの農体験イベントって何ができるの?

パーマカルチャー建築ってどんなもの?

そんないろんな「?」にぴたらメンバーが東京へ出向いてお答えします。

 

山梨のファームまで足を運ばなくても、ファームを知ることができる(そして味わえる!)1年に1回の機会です。私達もふだんなかなかゆっくりとお話できない皆様と直接顔を合わせて交流できるこの日を楽しみにしています。厳冬期で野菜が育たない今の時期だからこそ実現できるイベントです(笑)

イディア溢れるぴたらの農的暮らし、美味しいごはんと笑顔が絶えないぴたらの日々をスライドショーなどでご紹介します。そんな中には都会での暮らしにも取り込めるヒントがあるかも!

 

 

普段から宅配で野菜セットやお米をお取り寄せいただいている方、スーパーやマルシェで野菜を見つけたことがあるという方、パーマカルチャーや循環のある暮らしに興味のある方、久々にぴたらメンバーに会いたいというご無沙汰な方、もちろん初めましてな方もどなたでもお越しいただけます。

 

会場である『キュービック Food×Drink×Gallery』さんは、

人々が「集い、語らい、楽しむ」そんな時間や空間を提案・演出を総合的にプロデュースしているカフェです。2017年12月よりオープンし、普段はカフェ営業をしながら様々なイベントを開催しています。ヨガ・ライブ・語学教室・展示会など

 

昨年は、ジャズライブのイベントでぴたらファームの野菜を使ったお料理の提供もしてくださいました。

オーナーである井内さんは、数年前ぴたらファームのウーファーだったKくんの予備校時代のお友達(!)ぴたらを応援してくれるKくんが引き寄せてくださり、今年の東京交流会を一緒に開催することになりました!

貴重なコーヒーであるコピ・ルアックが飲める数少ないお店です。

https://projectcubic-tokyo.com/concept/

開放感のあるスタイリッシュなお店で、ぴたらの有機野菜を使ったお料理を味わいながら、午後のひと時をゆったりご一緒しましょう。

 

東京交流会 @キュービック学芸大学駅

 

2019年2月16日(土) 12:00~15:00頃 (受付開始12:00より)

場所:キュービック 東京都目黒区鷹番3-18-21ツインタウン学芸大2階

https://projectcubic-tokyo.com/access/

(学芸大学駅西口より3ブロック目の角です。駅より徒歩3分)

参加費:ぴたらの食材を使った美味しいランチ付き

大人(高校生以上)     2,500円

小人(中学生以下)     1,300円

幼児             無料

 

お申込みフォームはこちら

〆切は、2月10日まで!

 

*会場では、リユース品の回収も行います。

野菜の宅配や物販で使用しているもの:

ロゴ入りの瓶、ロゴ入りの段ボール、保冷材、鮮度維持袋、米袋など

持ってきていただいたからには、お礼に粗品をプレゼント致します。

 

お問い合わせ:info@pitarafarm.com

【新規スタッフ募集します】

新年あけましておめでとうございます。

旧昨年は、たっくさんの方にお世話になりました。

2019年もたくさんの方と関わり、巻き込み、より私達らしい暮らしを

つくっていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

今年は、ぴたらファームがさらなる変化を遂げるための

スタート年でもあります。

そこで、一緒にファームを盛り上げてくれる強いパッションのある人材を

新しいスタッフとして迎えたいと思っています。
我こそはと思う方、ぜひお問い合わせください。

●募集要項は、こちらになります●

———————————

<応募資格>

・ぴたらの理念に共感する方

(理念についてはHP参照→ http://pitarafarm.com/about/

・学歴性別不問

・強いパッションがあれば未経験可 (農業経験者優遇)

・自動車免許(マニュアル免許所有者歓迎)

 

<担当業務>

「田んぼの作業」

田んぼ管理を担当します。

4月の種まきから始まり、堆肥まき、6月の田植え、水管理、草管理、

9月の収穫、脱穀、わらの保管、秋の耕運まで。

1年を通して常に田んぼの状態を観察、把握し、適切なタイミングで

作業を行う。 また作業指揮を行う。

「ゲスト対応の仕事」

・農体験者の窓口

(問い合わせに対してメール・電話対応 布団の用意 農場案内など)

イベント参加者の窓口

ウーファーの受入れ窓口&対応

レンタル備品、看板などゲストが快適に滞在できるように環境整備をする

 

<給与について>

月4万円〜 (最初の3ヶ月はお試し期間 月2万円)昇給あり。

※ 基本的な生活費(家賃・光熱費・通信費、ぴたらでの食費等)はかかりません。

無料駐車場あり。 希望があれば、シェアカーを6000円/月で利用できます。

 

<保険>

傷害総合保険に加入します。

 

<勤務時間>

基本的には1年目はフルタイムで畑仕事および担当の仕事を覚えてもらう。

1日8時間程度。

1日の4分の1は、スタッフみんなで畑、田んぼ仕事。

残り4分の3は担当とする仕事に携わります。

 

<休暇> 

週に1日程度。天気や他のスタッフと要相談。

毎年1月は冬季休暇期間ですが、留守番として2週間程度ぴたらで滞在する必要があります。

その期間の給与は基本的には発生しませんが、交代でファームのケアをする期間に何らかの仕事をすれば

相当の支払いが発生します。

 

 

<どんな暮らし?>

・スタッフは3軒の家に分かれて住むものの、作業時間の早朝から夕刻まで、そしてご飯の時間も考えるとほぼ丸一日、生活を共にする一員になります。複数の人間が共に暮らすことは、得意なことを分担しあい助け合える魅力のある(大変さも?)暮らしです。もちろん個室があり、プライベートもあります。

・地球に負担のない暮らしを目指しているので、合成洗剤を使わない、残飯やストーブの灰の再利用、エネルギーを使いすぎない配慮などをしています。

・野菜全般、お米や小麦の他、味噌や醤油、はちみつなど一部の調味料を自給しています。お肉は猟師さんから頂いたジビエやごく稀に鶏をいただきますが、基本は野菜中心の食事です。

・WWOOF というファーム体験エクスチェンジの仕組みから農ボランティアの外国人が多くやってきます。世界中からやってくる個性的な人たちはぴたらの暮らしに刺激をもたらしてくれます。当然、英語が飛び交うことも多いです。

・ぴたらでは犬や猫、たまご自給のために鶏も飼っています。動物たちはぴたらの癒し担当です。

・食事は当番制になっているので平等にみんなに回ってきます。経験が無い人もじきに料理上手になってしまうはず。その時に育つ旬の野菜のみを使う料理は身体を健康に保ってくれます。

・パーマカルチャーはぴたらのキーワードの一つです。Permanent agriculture, Permanent cultureの略とされ、持続可能な暮らしのデザインを表わしています。鶏小屋、コンポストトイレ、ソーラードライヤーなどパーマカルチャーの考え方を取り入れて作っています。

・母屋となるぴたら邸は築100年以上の古民家です。石臼や唐箕、足踏み脱穀機など昔使われていた道具たちも現役で活用しています。過去に戻るつもりはありませんが、古くから伝わる魅力あるものに、自分たちのアイディアを上乗せして新しいデザインと融合していくことに楽しさを感じています。

 

ぴたらの暮らしについてHPにも載せてあります。

  → http://pitarafarm.com/about/lifestyle.php

 

———————————-

ぴたらファームのサイトをよくお読みいただき、

ぜひ我こそはと思う方は、農場へお問い合わせください。

⇒ info@pitarafarm.com

お待ちしています。

*ただし、1月はファームがお休みに入っているため、

メールや電話での応対に時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

 

お待ちしています。

2019年 元旦 ぴたらファーム

ぴたらのなめらかお餅 受付スタート!年末・お正月に。

身が引き締まるような冷たい風になり、いよいよ冬らしくなってきました。年末年始の計画を考えはじめる頃ですね。

 

毎年ご好評をいただいているぴたらの石臼なめらかお餅。

いよいよ予約販売を開始です。

リピーターのみなさま、お待たせしました!

 

1年の感謝と新年への新たなる思いを込めて、

火の元いちのファーム長の腕っぷしで、

なめらかお餅に搗きあげます。

 

完全無農薬無添加の手作りお餅を、ぜひご家庭でもお楽しみください。

冷凍して保存することで、長く楽しむことができます。

 

まずは、美味しさの秘訣をご紹介^^

◆育て方

無農薬で有機質の発酵肥料を使いゆっくりそしてのびのびと育てています

◆恵まれた自然環境

南アルプスによって磨かれた水には豊富なミネラルが含まれています。

◆天日干し

はざ棒にかけて太陽の力でしっかり干すことで甘み増大

◆餅米の品種

収穫時期が遅く作る人が少なくなっていて

幻の餅米とも言われる“満月”という品種を育てています。

粒一つ一つがしっかりとして粘りが強く滋味深い味わいが特徴です。

◆石臼搗き

おそらく100歳くらいの年季の入った石臼で人力で搗きあげます。

お餅つき機や木の臼とは違ったなめらかな仕上がります。

 

 

シンプルな白餅と

色とりどりのお楽しみの具の入ったお餅をご用意しています。

<白餅>

 *石臼なめらか白餅

<お楽しみ具入り餅 3種>

 *大豆の食感と香ばしさが癖になる豆餅

 *栄養価バツグンのエゴマ入りエゴマ餅

 *お楽しみ野菜餅

などを予定しています。

 

 

・大パック 白餅(約1㎏)        1,500円(税込み)

・大パック 具入り3種(約800g)    1,500円(税込み)

・小パック 白餅(5~6枚程度)       500円(税込み)

・小パック 具入り3種(4~5枚程度)    500円(税込み)

別途送料がかかります。700円~

お申込みは、12/17(月)夜22時までです。

 

発送日は、12/25(火) →通常12/26(水)のお届けになります。

北海道・九州等遠隔地の場合は、12/27(木)お届けになります。

年末のため、運送会社や道路の状況で遅延する可能性があります。

 

同出荷日には、おせち料理に便利な年末野菜セットも同梱発送可能です。

里芋・人参・大根・ほうれん草など、旬な野菜8~9品目が入る予定です。

レギュラーサイズ2000円/ファミリーサイズ3000円 +送料700円~

 

お申込み、内容のお問い合わせなどお問い合わせくださいねこ

申込みフォーム  https://ssl.form-mailer.jp/fms/f1609c0a599582

電話・FAX(0551-35-2793)、

メール(shop@pitarafarm.com)でも受付けています。

 

 

▶お申込み用紙(ダウンロードしてお使い下さい)

たくさんのご注文をお待ちしております!

ぴたらファーム

 

今週末は収穫祭!

いよいよ日曜日は収穫祭です!

じわじわと準備を進めてきましたが、やはり直前はバタバタしそうです。(笑)

出店者さんの紹介を一通り終えたところで最後はぴたらブースの紹介!

ぴたら飯

ぴたらの新米で作ったおむすびとお味噌汁を作ります。

おむすびの具ももちろん自家製

ぴかぴかの新米を是非味わって見てください

ぴたらBar

自家製フレイバー梅酒や野菜のカクテルなど他にはないぴたらならではのお酒と地元白州の酒蔵「七賢酒蔵」の日本酒など各種取り揃えてお待ちしております

 

漬物&燻製屋

シェアハウスメンバー俊太郎による漬物と燻製屋

日々お世話しているぬか床で漬けたぴたら野菜のぬか漬けに、手作りした燻製機で作った色々な食材の燻製はお酒にもおむすびにもぴったり!

焼き芋屋

じっくり直火で焼いたぴたらのさつまいものおいしさは格別

シンプルなのが一番おいしい!

焚き火パン

ぴたらの小麦粉で作ったパン生地を竹の棒に巻き付けて焚き火に当てながら焼いてもらいます

火にあたりながらゆっくりとパンが膨らんでいく様子を眺めるのはとても贅沢なひと時

焼きあがったパンにはファーム長たいちゃんが採った日本ミツバチのハチミツを塗ってお召し上がりください

ぴたらマート

 

ぴたらの野菜やお米、加工品も販売します

お土産にどうぞ♪

 

大豆プロジェクトのおまめさん

大豆の栽培から加工(きな粉やお味噌など)まで体験できるこのプロジェクト。

昨年収穫した色とりどりの大豆と、新作の大豆ペーストの加工品を出店します。

 

 

振る舞いお餅つき

毎年恒例お餅つき

おいしい食べ物がたくさん出店していますがおなかの余裕を残しておいてくださいね。

おもちは搗き立てが一番!

収穫を祝う踊り

こちらも毎年恒例ぴたらメンバーよる収穫を祝う東北地方に伝わる民俗舞踊

踊ることで日々の農作業での体の使い方が楽になったり、寒い時期は体が温まる。

みんなで踊れば不思議とつながりも強くなる。

今年の実りへの感謝を込めて。

参加者の皆様も一緒に踊りましょう

 

 

当日は、寒くなるかもしれませんので

暖かい服装でお越し下さいね!

 

マイ食器(コップ、お皿、お椀、橋やスプーンなど)もお持ち下さい!

 

*駐車場に限りがありますので、車でお越しの場合は乗り合わせでお越し下さい!ご協力をお願いします。

一般のお客様は、横手公民館に停めて歩いて会場までお越しいただきます。

 

 

たくさんのご来場をお待ちしています!

 

 

 

収穫祭 出展者紹介 9

西山茶寮

今回はお点前をしてくださるは、ご近所に住む西山さん
普段は米粉のパンやお菓子を作っている元フレンチレストランのシェフ。
語学が堪能なのでぴたらに来る外国人のWWOOFERさんを自宅に招いてお茶を点てて振舞ってもらうことも度々。
ぴたらスタッフさいかとまほお茶教室先輩というご縁もありお呈茶していただくことになりました。(裏千家)

<西山茶寮より>
ちょっと敷居が高く感じがちなお茶世界。
ぴたら竹林を背景に、もっと気軽にお茶世界に触れてみませんか?
お茶世界って、本当に奥が深いんです!
茶碗や釜、杓など道具はもちろん、一つ一つ動きや角度までに意味があります。
世界に誇れる日本精神文化。これを機に体験しに来てください。
誠心誠意おもてなしをさせていただきます。