お田植え・稲刈り

日本人は2500年前からお米を育てていたという。
先祖が育て繋げてきたお米は、私たち日本人のからだを作っています。
お米主食の日本人のからだは腸が長く、ゆっくりとお米を消化して、 活力が長続きするようにできているそうです。

また、真面目で協調性のある日本人の気質は、 88工程ものある稲作を集落ごとに力を合わせてやっていた結果だとも言われています。

田んぼの水が、自分たちの集落だけでなく、 上や下の集落まで平等に行き渡るように、 みんなで水路をきれいにし、水を入れ、水の量を調整し毎日コツコツ管理する。

お田植えの時には、1箇所に植える苗からおおよそお茶碗かるく一杯くらいのお米が収穫できます。
1人あたり1日最低2杯食べるとしたら、1年間で1人あたり730箇所は植えないといけない計算です。
それを1人でやるのは大変なこと。大勢でやればうんと楽しく楽になる。

ぴたらファームでは、そんなお米が作られる過程を子供から大人まで体験してほしいから、 毎年お田植えイベントと稲刈りイベントを開催しています。

新型コロナウィルスの影響により、イベントの開催を見合わせ中です。

お田植え:6月6日(土) / 稲刈り:9月26日(土)←開催見合わせ中です。

*荒天中止(中止の場合は前日までにご連絡します) 少雨なら決行します。

【時間】
10:30~15:00頃

【集合場所】
ぴたらファーム 山梨県北杜市白州町横手1118

【参加費】
大人:1,500円 小中学生:1,000円(小学生未満無料)

【持ち物】
・汚れてもよい服装(上は長袖、下は半ズボンもしくは膝までまくれるものがオススメ)
・帽子、日焼け止め
・田植え用長靴(靴下や素足でもOkです、が長靴は足をとられて不向きです)
・首に巻くタオルや手ぬぐい
・虫よけスプレー
・昼食用お弁当、飲み物
・シート(昼食や、休憩時にある便利です。)
・宿泊の方は、着替え、洗面用具、バスタオルなど

アクセス

・電車とバス
東京方面からお越しの方(片道特急指定席5,000円程度、鈍行3,000円程度)
JR中央本線スーパーあずさ 新宿 8:00 ⇒甲府 9:28
JR中央本線 甲府 9:32 ⇒日野春 9:59
市バス「西村入り口・大坊上行き」日野春 10:42 ⇒横手下 11:00
バス停からは徒歩1~2分です。

※市バスは土日の本数が少なく、一番早い便で11:00着です。
今回はイベントが10:30からなので電車とバスでお越しの方は到着が30分程度遅れてしまいます。
申し訳ありませんがご了承の上ご参加ください。

前日からの宿泊も可能なので遠方の方や最初から参加をご希望の方はご相談下さい。

・車
ナビに住所または電話番号を入力してください。
〒408-0313 山梨県北杜市白州町横手1118
TEL/FAX:0551-35-2793

その他何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。
たくさんのご参加をお待ちしています

イベント終了後、
滞在希望の方へ

ご希望の方は、別途料金で築100年の古民家滞在も可能です。