ぴたらむし通信 ver. 2020/10/20

 

連作4年目のさつまいも!昨年よりもいい感じです!

2日ほど前に家の周りの山々が初冠雪しました。その数日前まで日中はなかなかの暑さだったので、体も心もすっかり油断していました。

とっておきの暖かい服をそそくさと引っ張りだしては、すでに真冬仕様並みに着込んでいます。寒くなり始めは体が慣れていないので、ここは甘やかして多めに着込むが正解。

寒いとお世話になりがちなフリースも、洗濯のたびに大量のマイクロプラスチックを流出することを知ってしまったので、フリースではなくメリノウールやアンゴラのインナーと厚手のウールニット素材をうまいこと重ねてみたり、脱プラスチックの新たなる試みとして、圧縮ウール生地でジャケットを製作中。外側の生地の裁断が終わったところですが、更なる保温を求めて内側にもう1レイヤー暖かい生地をつけてみようと思います。

天然素材は静電気のストレスが少なく、暑くなっても湿度は放出してくれるので、汗冷えしにくいと言われています。重ねることで上手に暖かく過ごせるという提案ができたらいいなぁっと思っています。

さて、10月2回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、家庭菜園をやっている方必見!種採りのハウツーも掲載しています。秋の長夜を楽しむお家タイムにどうぞ。

ぴたらむし通信 ver. 2020/10/10

 

稲刈り待ちの田んぼは、あと1米ジャスミンライスを残すのみ。雨続きの前にどうにか干して脱穀した新米をついに食べました!

何年田んぼをやっていても、新米を食べるときはとても感慨深く感動的に美味しく感じます。

ことしの新米の注文が、オンラインショップでスタートとなりましたが。なぜだか今年は、「低糖質・アレルゲン無し」のあっさりササシグレが大人気です。

ササシグレの定期便の注文は、締め切りましたが単発購入は多少在庫がありますのでご興味があるかたは是非。

あっさりササシグレとは違い、甘みも甘みもがっつりなコシヒカリはまだまだ販売中ですので格別な美味しさの新米の時期にどうぞ。

さて、10月1回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、秋の葉ものや小さな大根がはいり鍋でもやりたくなるような野菜がはいっていますよ。秋の長夜を楽しむお家タイムにどうぞ。

ぴたらむし通信 ver. 2020/09/22

 かえるくん見えますか?

かぼちゃに栗、間引きの人参や大根。。。食卓にあがる野菜もだいぶ秋らしくなってきました。味覚的にも、きゅうりやトマトのようにひんやり爽やかな野菜ではなく、甘くてほっこりするようなものが食べたくなってきました。そろそろさつまいもや里芋を試し堀してみようかなぁっ、渋皮煮つくりたいなー、ストーブに火をいれようかなーなんて独り言も秋らしいです。

本日9月26日は、稲刈りイベント!今日を皮切りにぴたらの田んぼ8枚の収穫が始まります。

雨が多く低温続きだった7月の後には、猛暑と乾燥の8月という気候でしたが、今年の収穫量や味はどうなるでしょうか?毎年稲刈りの前には、こんな風に天気条件から今年の米の取れ高などを想像してみるのですが、実際新米を食べる時には、そんな予測なんて忘れてただただ新米をありがたく味わい。ただただ収穫できたことだけでよかったと思ってしまうのです。

さて、9月2回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、スタッフコメント欄にプライベートなご報告の掲載があります。シングルだらけだったぴたらファームがこの1年でだいぶ変わってきました。これからのぴたらの展開も乞うご期待です。

ぴたらむし通信 ver. 2020/09/08

 食用ひまわり

まだ夏の名残を感じる大きな入道雲の横には、筋雲やうろこ雲。       より高く感じる秋の空に響き渡るのは、最後の力を振り絞るようなミンミン蝉の声。見かけなくなったツバメの代わりに赤とんぼが優雅に田畑を飛び回る。

朝の寒さと昼間の残暑。去りゆく夏を惜しむ気持ちと、秋の落ち着きに制作意欲が沸く。こんな、夏と秋が混在する季節がなんだかとても好きです。

さて、アップが遅くなってしまったニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

軽いコンテンツなので、ちょっとした隙間時間やステイホームタイムのお供にどうぞ。

ぴたらむし通信 ver. 2020/8/25

 

8月25日野菜セット

7月は長雨。8月はかんかん照り。9月はどうなるのだろう?すごい台風が来るのか?バッタが飛んでくるのか?もはや、何がきても怖くないのかもしれないくらい、頭は異常な天気予報モードです。

どんな天候にも強い野菜作りとは何か?この切り口で、考えるようになったのは、初めてだけれど。1つ見直すことになったのは、すでにキーワードとしてかがげている「多様性!」でした。

ぴたらファームでは、ピーマンでも緑、クリーム色、赤、ランタン型4種。なすも、真黒なす、青なす、タイなす、水ナスの4種類、トマトは赤、黒、白、緑、黄色、大玉など7種類と、1つの野菜でもいろんな品種を育てています。

たとえ同じ野菜でも、品種が変われば、見た目も、得意な気候も、得意な性質もすこーしづつ違ってくる。例えばなすは一般的に水が好きだけど。同時に地温が高いのも好き。そんな中、今年の7月のように雨ばかりで太陽が顔を出さないとオーソドックスな真黒なすはいじけ気味だったけれど、長野育ちの在来青なすは、長野の低めの地温に慣れているため、他のなすよりも動じずに着々と大きく育ってくれました。

なすを1種類しか育てていなかったら、全くなすをお届けできていなかったかもしれないけれど。いろんななすを育てていれば、そんななすの数種類の中から、その年の気候条件の中でより力を発揮して元気に育ったなすをお届けできる。 そんな風に多様な種を育ていくことで、多様な環境に対応して多様な強さを発揮できるということを実感しています。

さて、今週新しくなったニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)を掲載しました。

注目は2枚目のファーム長の「たいちープロジェクト報告」です。軽いコンテンツなので、ちょっとした隙間時間やステイホームタイムのお供にどうぞ。