【イベント告知】菜園プロジェクト「羊小屋をつくろう!(組み立て)」vol.2 *前回のイベント報告もあります

《5/8-9 第2回羊小屋づくり(移築)イベント開催!  いよいよ組み立てへ》ゴールデンウイークのはじまり、5月2日-3日に第1回羊小屋づくり(移築)イベントを行いました。

初回イベントで移築と基礎づくりは、無事に完了!

次の5/8−9(土日)のイベントで、羊小屋は一気に形になります!

建物が形になる過程は見応え、やり甲斐がありますよ。もう間近かなので興味のある方はすぐにお申し込みくださいね

移築前の古いヤギ小屋
1回目のイベントで、貸し菜園の敷地に移築すために、整地して基礎づくりをしました。

《5/8-9 第2回羊小屋づくり(移築)イベント開催!いよいよ組み立てへ》

【開催日】2021年5月8日(土)〜9(日)

【開催時間】

   1日目 10時~17時      

  2日目 9時〜16時半

*作業が終わった後は近くの温泉で汗を流します。

*嬉しいぴたらのオーガニックご飯つきです。

【持ち物】

 動きやすく汚れてもいい靴・服装、軍手、帽子、タオル

 水筒、温泉セット、着替えなど

 *まだ朝夕は冷えることもあるのでお泊りの方は暖かい服装もお持ちください。

【最高人数】

10人程度 まで

【料金】宿泊・食事・参加費込み

1泊2日  8,500円

日帰り  3,000円

 *貸し菜園利用者は、参加費が半額になります

今後のスケジュールは、下記のような予定です。毎週末のように建築作業を行っています。

5月:羊小屋づくり、合鴨小屋づくり・ネット張り

6月:お田植え、コンポストトイレづくり

7月以降は、ソーラーフードドライヤーや五右衛門風呂づくりもしたいと思っています。

*****************************

お申し込みは、こちらのフォームへご入力ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/da7d8968703706

*****************************

<イベント1回目の報告>

羊とヤギは「動物と一緒につくるパーマカルチャー貸し菜園」の要の存在!5月導入に向けて小屋づくりがはじまりました。作ると言っても0から作るのではなく、今回は移築です。実は近所に昔羊を飼っていた方の羊小屋があったのです。大きく傾いてはいますが雄大な八ヶ岳を背に存在感のある小屋でした。

移築前の古いヤギ小屋

これを移築したいと、持ち主の大工さんにきいてみたら快く承諾してくれました。小屋を前にみんなでどうしたら壊さずにうまく倒れてくれるだろうかと相談。北と西の壁がしっかり繋がっていたので、まず角の柱に沿って鋸を入れて切り離し、中心の柱とトラクターをロープで繋ぎました。みんなが固唾を飲んで見守る中、トラクターに引っ張られ小屋は予想以上にうまく倒壊!いきなり今回のイベントのクライマックスを迎え、とりあえず写真撮影です。

トラクターにヒモをつなぎ、引っ張ることに!
うまく倒壊しました!

ここからは手にバールを持ち地道な解体ワークです。屋根のトタンを剥がし、次に合板、垂木と順番に取り外してきます。

軽トラックに資材を乗せて、移築場所となる貸し菜園へ移動。初日の作業はこれで終了でした。2日目は残っていた床の解体と一部壁板外し。

それから現場の基礎づくりでした。取り壊した床枠を伏せて場所を決め、沓石を置くところにスコップで穴掘りをします。砂利を入れてタコでしっかり固めて水平になるように沓石を設置。4箇所に板を渡して全てが水平になるようにします。

これは難しい作業で時間がかかってしまい、初回イベントはここまででした。大きな栗の木を背に菜園の角に立つ羊小屋を想像し、次回が楽しみでなりません^^

【パーマカルチャー貸し菜園について】

ぴたらファームの貸し菜園は、草や藁、緑肥、微生物、さらには動物たちの力を借りて、農薬や化学肥料を使わずにオーガニックな野菜作りができる貸し菜園です。

動物(チャボ・烏骨鶏・犬・羊・ヤギを予定)たちを貸し菜園の敷地内に住まわせ、菜園で採れた野菜や刈った雑草を餌として与え、彼らの糞は微生物の力を借りて発酵させ堆肥にして畑に戻す・・・人の営み・野菜・動物・微生物が畑の中で循環していく、そんな古くて新しい美しい循環の絵を描く貸し菜園です。野生の猿が多いエリアですが、動物たちがいることでサルは菜園に入りずらくなるメリットもあります。

動物の環境作りだけでなく、貸し菜園の利用者さん(以下、菜園利用者)の活動がエネルギー循環の一部になるような”コンポストトイレ”や”五右衛門風呂”なども整えていきます。菜園利用者も一緒に環境づくりに関わってもらうことで、パーマカルチャーで大事にする循環への理解が深まり、皆さんの暮らしの中でも実践していく足がかりとなります。

また、動物(生命)との触れ合いを通して、動物から与えられる多くの事に、動物がいる暮らしの賑やかさや豊かさを感じることができます。動物に会うためだけに菜園に来るというのも、もちろん大歓迎です。皆さんが貸し菜園にあったらいいなと思うものや、パーマカルチャーで実践してみたいことなどなど、一緒にアイデアを出しながら循環する菜園を作っていきましょう。

まだまだ貸し菜園のメンバーは募集中です!(2021年4月末現在)

お問い合わせは、info@@pitarafarm.com

貸し菜園担当までご連絡ください。

【開催決定】パーマカルチャー貸し菜園説明会

この4月から始まったばかりの「パーマカルチャー貸し菜園」の説明会を開催します。

羊や鶏、ミツバチのいるぴたらの貸し菜園の魅力や、様々な特典についてお話しする他に、貸し菜園をはじめるにあたって不安に思うことにもお答えしていきます。自分で野菜づくりをしてみたいと考えている方、まずは説明会にどうぞお越しください。

午後からは、貸し菜園のサポートとして畑にいますので、説明会の後すぐに貸し菜園をはじめることもできます。初めての方でどのようにはじめたら良いか分からない方も、まず一緒に畝立てや種まきの作業をするので安心です。

貸し菜園の詳細は ⇒ 前回のブログをお読みください。

【パーマカルチャー貸し菜園説明会】

開催日:2021年5月5日(月・祝)

10時〜12時

*午後に畑作業を予定している方は、お弁当を持参されると良いと思います。貸し菜園内のベンチやぴたらファームの敷地内でも昼食を取ることができます。

お申し込みは、0551-35-2793までご連絡いただくか、

またはメールにてお申込み下さい。info@pitarafarm.com

たくさんのご応募お待ちしています!

無料提供のタネも用意しています。

【イベント告知】菜園プロジェクト「羊小屋をつくろう!(移築)」vol.1 & 2 

菜園プロジェクト「羊小屋をつくろう!(移築)」vol.1 & 2

この4月から、動物と一緒につくる「パーマカルチャー貸し菜園」がはじまりました。

その核心となる動物が、羊!!

衣服への意識の高まりからウールに着目したことが、羊を飼う決意に至った理由です。(こちらはゆくゆくみなさんと共有していくことになりそうです)

さて羊の導入に向けて、まずは小屋をつくらなくてはなりません。

羊小屋を設計しようと考えた時に近くに素敵な小屋があったことを思い出しました。八ヶ岳をバックに大きく傾くものの存在感のあるかつての羊小屋です。もしいただけるのなら、これを移築しよう!持ち主の大工さんに尋ねると快く了承してくださいました。簡単に移築といっても、それは簡単ではないかもしれません。とても頭を使わなくてはならないかもしれません。小屋を解体し、移動し、新しく基礎を立て、その上に組み立てる。一緒にやってみませんか?

まず第1回目をゴールデンウイーク前半に行います。2回目がゴールデンウイーク後、最初の週末です。

【開催日】2021年5月1日(土)〜3(月) 、8(土)〜9(日)

【開催時間】

1日目 10時~17時         

2日目 9時〜16時半        

3日目 9時〜16時半   

 作業が終わった後は近くの温泉で汗を流します。  

 嬉しいぴたらのオーガニックご飯つきです。

【持ち物】

動きやすく汚れてもいい靴・服装、軍手、帽子、タオル     

水筒、温泉セット、着替え、まだ朝夕は冷えることもあるので、お泊りの方は暖かい服装もお持ちください。

【最高人数】10人程度 まで

【料金】宿泊・食事・参加費込み       

 日帰り  3,000円

 2泊3日  14,500円

  1泊2日  8,500円

*貸し菜園利用者は、参加費が半額になります。

今後のスケジュールは、下記のような予定です。毎週末のように建築作業を行っています。

5月:羊小屋づくり、合鴨小屋づくり・ネット張り

6月:お田植え、コンポストトイレづくり

7月以降は、ソーラーフードドライヤーや五右衛門風呂づくりもしたいと思っています。

*****************************

お申し込みは、こちらのフォームへご入力ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/da7d8968703706

*****************************

【パーマカルチャー貸し菜園について】

ぴたらファームの貸し菜園は、草や藁、緑肥、微生物、さらには動物たちの力を借りて、農薬や化学肥料を使わずにオーガニックな野菜作りができる貸し菜園です。

動物(チャボ・烏骨鶏・犬・羊・ヤギを予定)たちを貸し菜園の敷地内に住まわせ、菜園で採れた野菜や刈った雑草を餌として与え、彼らの糞は微生物の力を借りて発酵させ堆肥にして畑に戻す・・・人の営み・野菜・動物・微生物が畑の中で循環していく、そんな古くて新しい美しい循環の絵を描く貸し菜園です。野生の猿が多いエリアですが、動物たちがいることでサルは菜園に入りずらくなるメリットもあります。

動物の環境作りだけでなく、貸し菜園の利用者さん(以下、菜園利用者)の活動がエネルギー循環の一部になるような”コンポストトイレ”や”五右衛門風呂”なども整えていきます。菜園利用者も一緒に環境づくりに関わってもらうことで、パーマカルチャーで大事にする循環への理解が深まり、皆さんの暮らしの中でも実践していく足がかりとなります。

また、動物(生命)との触れ合いを通して、動物から与えられる多くの事に、動物がいる暮らしの賑やかさや豊かさを感じることができます。動物に会うためだけに菜園に来るというのも、もちろん大歓迎です。皆さんが貸し菜園にあったらいいなと思うものや、パーマカルチャーで実践してみたいことなどなど、一緒にアイデアを出しながら循環する菜園を作っていきましょう。

まだまだ貸し菜園のメンバーは募集中です!(2021年4月末現在)

お問い合わせは、info@@pitarafarm.com

貸し菜園担当までご連絡ください。

日本の農業図鑑に掲載されました!

スマート農業から畜産、持続可能な農業や世界の食についてまで。幅広く農のことを網羅した本にぴたらファームの活動が掲載されました。

現代の持続可能な農業と題された第5章の中の、SDGsとはの後にスペシャルレポートとして載っていて大変光栄です。

これから農業を始めたい方や、食べ物の自給率や流通について知りたい方へもおすすめです。 

ぴたらのパーマカルチャー貸し菜園 、はじまります!

スパイラルガーデンの脇に、貸し菜園の看板が立ちました

「パーマカルチャー貸し菜園」が今週末の菜園講座からスタートします!    区画分けして看板を取り付けたら、ぐんと菜園らしくなりました。      無料レンタルのチキントラクターや、農具の置き場も整えて準備万端です。

4月17日(土)の初回の菜園講座では、菜園をはじめるにあたってのオリエンテーションと、初回講座を行います。種や農具の用意もしてありますから、講座の後に早速自分の菜園でチャレンジできますよ。はじめての方も安心のして始められます^^

農具置き場も整いました!
区画ごとのかわいい看板(いろはにほへと・・)
無料貸し出し用のチキントラクター
ファイヤースペース
穴のある丸太を利用した養蜂箱。
チャボのヒナの羽に模様がでてきました

「パーマカルチャー」「動物と一緒につくる」がコンセプトの新しいスタイルの貸し菜園。興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。