<イベント報告>田植えイベント終了しました

お田植えイベント 大盛況でした!今年は2回目開催しました。

6月5日のお田植えイベントには10組20名以上の参加者が集まってくださいました。

天候にも恵まれ青空と太陽の許、心地よい風に吹かれながら、広々とした田んぼでみんなでわいわいのんびり植えました。

手植え前の線引き作業。これがとても大事。
最初は泥が苦手と言って田んぼに入らなかった小さいお子さんも、だんだん泥と仲良くなって、最後にはズボズボと田んぼの中を歩き回ってしっかり植えてくれました。
日に焼けそうな良いお天気でした!
みなさん真剣な眼差しで田植えをしていました
その後、水遊びに夢中なキッズたち
田植えを終えた後に、畔に立って集合写真を撮りました

苗をきれいに植え終わった田んぼを前にするのはなんとも言えない爽快感。家族一年分のお米を作る実感も得られます。10月の収穫にも来てもらえたら嬉しいです。お疲れさまでした^^

2回目の田植えイベントは、一週間ずらした6/12(土)に開催しました。

貸し菜園を利用して下さっている親子1組が参加してくました!そしてこの週末は、2泊3日で「ファームリトリート」も開催していたので、参加者の3名も一緒にお田植え体験して和やかな雰囲気でした。

ファーム長たいちゃんから、どうやってぴたらの稲苗は育っているのか、手植えのコツなどを教えてもらいます。
曇っていたけど、心地よいお田植え日和でした
リトリート参加のみなさんは翌日筋肉痛になったとさ

イベント参加のこうちゃん(8才)に「リトリートはどんな内容だったの?」と聞かれたので、

毎日ヨガと瞑想を2回やることやマクロビオティックのお食事で野菜をいっぱい食べること、温泉に行って体をほぐしたり、大根干葉で足湯もしたことを伝えたら、「僕も参加したーい」と言ってくれました(^^)

このお米が収穫できるのは、9月の後半~10月前半頃です。

今年も美味しいぴたら米がたくさんとれますように**



お疲れさまでした!

7月24-25日【コンポストトイレづくりイベント】開催します!

ぴたらファーム母屋の入り口にはぴたらのシンボルとも言える、土壁のコンポストトイレがあります。一度来られたことのある方はそちらの印象が強いかと思います。が、今回はもっと簡易の作れるデザインで考えます。

現在ぴたらファームのシンボルになっているコンポストトイレ

場所はぴたらのパーマカルチャー貸し菜園。そこに小さなコンポストトイレを作ろうという企画です。

イメージは虫草農園にあるドラム回転式トイレ。一度見学させていただいた時から忘れられないデザインなのです。

虫草農園さんのトイレの構造(写真拝借いたしました・)

今回は2×4工法で建築予定。4つの壁を作り組み合わせ、壁と屋根をはる。ドラム缶を加工し、便座を加工する。

トイレも菜園を引き立てる存在になるようなデザインにしたいなぁ。

もちろん建築経験なくてもだいじょうぶ^^ 一緒にトンカンいたしましょう!


【開催日】2021/7/24(土)〜25(日) *日程変更しました

【開催時間】 

1日目 10時~17時

2日目 9時〜16時半 

  作業が終わった後は近くの温泉で汗を流します。

  嬉しいぴたらのオーガニックご飯つきです。

【持ち物】

動きやすく汚れてもいい靴・服装、軍手、帽子、タオル

水筒。 お泊まりの方は、温泉セット、着替え、洗面道具など。

【最高人数】10人程度 まで

【料金】

宿泊・食事・参加費込み 1泊2日  8,500円

日帰り  3,000円

*貸し菜園利用者は、参加費が半額になります。

お申し込みは、こちらにご入力ください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/da7d8968703706

<イベント報告>アイガモ小屋づくり

5月22日−23日、アイガモ小屋づくりイベントを開催しました。(報告遅く、すみません!)場所はぴたらファーム、パーマカルチャー貸し菜園の入り口です。作業風景の先にゴールデンウイークのイベントで移築した羊小屋が見えますね。

まずはフレームづくり。アイガモちゃんが10羽から15羽入る小さなサイズです。小さいのでは?と思われるかもしれませんが、3ヶ月齢程度までの子たちが夜の間だけ身を寄せて寝るだけの家なのでこのくらいのサイズで十分なのです。

インパクトドライバーにももちろん挑戦!組み付けは全て貰い物の材なので、そのせいで少し難しかったりします。

早いもので初日の作業でほぼ3棟のフレームが完成しました。

育雛小屋も完成して拍手!

おっと、作業に夢中で二日目の写真を撮り忘れていました・・(・_・;

アイガモ小屋はトントン釘を打って壁を取り付けました。そしてそちらは保留にして、これからやって来るヒナが田んぼに入るまでに過ごす育雛小屋を組み立てました。こちらは4枚の合板を立てるだけの簡易の住まいです。

数日後・・・・

かわいらしいアイガモ小屋が完成しました!^^

正面から
後ろから。屋根がカラフルになっちゃいました。

そして5月26日、待ちに待った合鴨の小さな小さなヒナが44羽届きました。

<イベント報告>羊小屋づくり(2回目)

ゴールデンウイーク終盤の5/8-9日、羊小屋づくり(移築)イベント2回目を開催しました。残念ながら基礎の大引きや一部の柱の根元はかなり痛んでいて再利用できませんでした。その為大引きは新しい中古材(笑)に交換し、柱や間柱は30cmづつ縮めました。まずは、大引き側の差し込み口と柱の差し口の加工から始めます。のみと金槌をつかってトントンカンカン。上手く合わさった感動はなかなか上手く伝えられませんがめちゃくちゃ嬉しい瞬間です^^二日目柱が立ち、勢い桁、そして一気に棟上げまで進めました!ここが建築作業のクライマックスとも言える面白いところ。みんな夢中でやり終え、充実の時間でした。この先はイベント開催が叶わず、早期の羊導入を目指して徐々に進めていきます。興味ある方はぜひ連絡ください。平日になりますが、一緒に大工しましょう!

~ぴたらのオーガニック青梅、販売します~

(*5/19現在、受付を一時停止します)

そろそろ、甘い香りに包まれて季節を感じながらの梅仕事がはじまります。

ぴたらの庭には梅の木が5本、畑には15本程度梅の木があります。  

今までも青梅を希望の方にはおすそ分けしていましたが、今年から正式に販売することにしました。

よく知られている通り、梅には疲労回復や殺菌作用、整腸作用や夏バテ防止など、数多くの効能が証明されています。

青梅の時期は「梅酒」や「梅シロップ」を大きな瓶に何種類も仕込んで、

黄色く熟し始めたら「梅干し」用にせっせと収穫して、たくさん仕込みます。

人気の「昔ながらの梅干し」は毎年注文が増えているので、今年はさらに増やして作る予定です。

おうちで楽しく仕込んで、体にいい梅のある生活をしてみませんか?

ご注文は、メールまたは電話にてお待ちしています。


◎内容量 
・青梅 1㎏ 1200円

・青梅 3㎏ 3500円

・青梅 5㎏ 5000円

*傷やサイズのバラつきがありますが、予めご了承ください。

サイズは小ぶり~中サイズになります。
*無くなり次第、販売終了となります。

◎販売時期

 5月後半~ 収穫後、順次発送します。

 青梅は、収穫してからすぐに品質変化が始まってしまうので、

 発送日の指定はできませんが、お申込みの順番で発送致します。

◎青梅のおすすめ加工
 梅酒、カリカリ梅、梅シロップ、梅肉エキスなど。

 色々試してみたい方はまとめ買いがおすすめです。

梅シロップのつくり方

暑い夏にうれしい梅ジュースとして召し上がれます。

小さなお子さんと一緒にも仕込むことができる簡単レシピです。

<必要な材料>

青梅  1㎏

お砂糖 700g (氷砂糖、甜菜糖などお好みで)

保存瓶 3Lサイズあると充分です。

<青梅シロップの作り方>

1.青梅をきれいに水で洗います。

竹くしなど先の細いものでヘタを取り除きます。

雑味の原因になるのでキレイに取りましょう。

約1時間、水に浸してアクを抜きます。

1時間経過したら、タオルなどで青梅の水分をふき取ります。

水が残っているとカビの原因になります、やさしく丁寧にふき取ってください。

保存瓶を熱湯消毒して水気が乾いたら、材料を入れていきます。

青梅とお砂糖を交互に瓶に入れます。

青梅とお砂糖がなじんで、だんだんとシロップが出てきます。

毎日保存瓶を数回ゆすってあげ、梅のエキスとお砂糖がなじんで溶け合うようにしてください。

約2週間後に出来上がり!すぐに取り出さなくても日持ちします。

シロップに漬かっていた青梅は、おやつ代わりに食べられます。

梅シロップは水やお湯、炭酸で好みの味になるように割ってお飲みください。

ぴたらでは、畑作業の合間に梅ジュースとして飲んだり、

手作りドレッシングの甘みとしてプラスして楽しんでいます。