長期ファームスタッフ・シェアハウスメンバー募集



ぴたらファームは2010年に始まった自然循環型オーガニックファームです。

パーマカルチャー哲学を取り入れ、田畑を中心とした持続可能な循環の暮らしを実践し
南アルプスの山々に囲まれた山梨県北杜市の築100年の古民家を拠点に
スタッフとシェアハウスメンバーで野菜やハーブ・米・小麦を育て
味噌・醤油などの調味料を手作りながら自給自足の暮らしを分かち合っています。

私たちと一緒に大地に根ざした暮らしをしませんか?


<長期ファームスタッフ募集>

仕事は専門の担当を受け持ちますが、お互いに協力し合い進めていきます。
作物の栽培から加工や建築など仕事は多岐に渡るので
暮らす中で多くの力が身に付くはずです。

ぴたらファームの理念に共感できる人
HPのページをご覧ください。
 http://pitarafarm.com/about/


<米・雑穀担当、建築補佐 1名>
   

 1年を通して常に田んぼと畑の状態を観察、把握し、適切なタイミングで作業を行います。
私たち日本人の主食「米」
四季を通してその成長をお世話することで見えてくるものは
野菜とは違うおもしろさがあります
自らの手で育てた新米をみんなで食べる喜びはひとしお

自給用・販売用問わずお米を育てたことがある方、
トラクター等の機械作業のできる方優遇


<民泊担当・加工補佐 1名>
新しい事業の一つ「民泊」における宿泊者対応・設備管理・事務
接客・人と接することが大好きな方、宿業経験者優遇

ぴたらでは、昔ながらの保存食の知恵や新しいアイデアを持ち寄って、
ジャム・干し野菜・漬物等ぴたらの野菜を使った加工品の製造をしています
現存の加工担当者の補佐をしてもらいます
食べること・作ることの好きな方



<給与について> 
  最初の3ヶ月はお試し期間があります。
詳細はお問い合わせください。 
   
  ※ 基本的な生活費(家賃・光熱費・通信費、ぴたらでの食費等)はかかりません。   
   無料駐車場あり。 希望があれば、シェアカーを7000円/月で利用できます。 
 
<保険>
 障害総合保険費 ファーム負担 
 
 
<勤務時間> 
1日6~8時間程度(週40時間程度)
タイムスケジュールは、季節によって変動します。
 基本的には1年目はフルタイムで担当の仕事を身につけてもらいます。 
 
 
<休暇>  
週に1日程度。天気や他のスタッフと要相談。 
毎年1月は冬季休暇期間ですが、留守番として1週間程度ぴたらで滞在する必要があります。 
その期間の給与は基本的には発生しませんが、交代でファームのケアをする期間に何らかの
仕事をすれば相当の支払いが発生します。 
 

<シェアハウスメンバー募集 2名>

*現在、3~4月の2か月間と、6月以降に空きが出る予定です

1週間の半分はぴたらで農作業をはじめとする暮らしまわりの仕事
半分は自分の好きなことを生業に

自給農と自分のやりたいことを両立させた
半農半Xのライフスタイルを実践する最初の一歩をぴたらで過ごしてみませんか?


週3日ぴたらで仕事をした場合…家賃 20.000円/月
(日数により家賃は変動します)

食費・光熱費・wifi(母屋のみ)込み
冬季のみ暖房費3000円/月 ご負担いただきます
 




<ぴたらの暮らし>
・スタッフ・シェアハウスメンバーは母屋と近隣のシェアハウスを含め4軒の家に分かれて居住。
早朝から夕刻までのワークタイム、昼・夜の食事を共にし、暮らしと仕事を分かち合っています。得意なことを分担しあい大変なことは助け合える魅力のある暮らしです。

・地球に負担のない暮らしを目指しているので、合成洗剤を使わない、残飯やストーブの灰の再利用、エネルギーを使いすぎない配慮などをしています。

・野菜全般、お米や小麦の他、味噌や醤油、はちみつなど一部の調味料を自給しています。
お肉は猟師さんから頂いたジビエやごく稀にぴたらで飼っている鶏を絞めていただきますが、
基本は野菜中心の食事です。

・WWOOF というファーム体験エクスチェンジの仕組みから農ボランティアの外国人が多くやってきます。
世界中からやってくる個性的な人たちはぴたらの暮らしに刺激をもたらしてくれます。当然、英語が飛び交うことも多いです。

・ぴたらでは犬や猫、たまご自給のために鶏も飼っています。動物たちはぴたらの癒し担当です。

・食事は当番制になっているので平等にみんなに回ってきます。経験が無い人もじきに料理上手になってしまうはず。その時に育つ旬の野菜のみを使う料理は身体を健康に保ってくれます。

・パーマカルチャーはぴたらのキーワードの一つです。Permanent agriculture, Permanent cultureの略とされ、持続可能な暮らしのデザインを表わしています。鶏小屋、コンポストトイレ、ソーラードライヤーなどパーマカルチャーの考え方を取り入れて作っています。

・母屋となるぴたら邸は築100年以上の古民家です。石臼や唐箕、足踏み脱穀機など昔使われていた道具たちも現役で活用しています。過去に戻るつもりはありませんが、古くから伝わる魅力あるものに、自分たちのアイディアを上乗せして新しいデザインと融合していくことに楽しさを感じています。
 
ぴたらの暮らしについてはHPにも記載しています。
 
http://pitarafarm.com/about/lifestyle.php
 


お問い合わせ・応募は
info@pitarafarm.com まで

ぴたらファームの理念に共感し、
私たちと共にサステブルな暮らしをつくっていってくれる仲間を
お待ちしています!


ぴたらむし通信 ver. 2020/11/17

 

Each Story @ Deco Botanical

 立冬が過ぎ、気持ちの上では完全に冬モードに移行していたけれど、この数日生暖かい日が続き、体を緩めていいのか?引き締めたらいいのか戸惑っております。先週、ご近所のVintage Garden& Cafe Deco Botanical さんで行われた、Each Storyというイベントに出店しました。上の写真が出店の様子です。イベントの詳細は以下にアップしたぴたらむし通信にも掲載されていますので、興味があるかたはどうぞ。

毎年好評をいただいている、石臼搗きの無添加お餅を今年も販売いたします。 あわせてお正月用の野菜セットのご用意もあります。オンラインショップより予約を開始していますので、どうぞご覧ください。

ぴたらむし通信 ver. 2020/11/03

 

畑の隕石 「宇宙芋」

 薪ストーブに火をいれるのが日課になるほどに寒くなる頃、杉は焚き付けに役立つ葉っぱを落としてくれる。時期を狙っていたのか?と思うほどに絶妙なタイミングで落ちる乾燥した杉の葉は、驚くほどよく燃えるまさに天然の着火剤。いろいろ試した葉っぱや小枝のなかでも群を抜く燃焼力。春先は花粉症に悩まされる私も、寒くなるこの頃には杉が人間の営みの近くに存在することをありがたく思う。自然に近い暮らしをより深め、自然の中に人の営みを溶け込ませていくと、自然界の絶妙なタイミングや無駄の無さをそこかしこに発見し、自然の神性に心が揺れる瞬間が増えていくの感じます。

さて、11月1回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、オンラインショップで販売が開始した貴重な国産オーガニックジャスミンライスの収穫の状況が記載されています。秋の長夜を楽しむお家タイムにどうぞ。

ぴたらむし通信 ver. 2020/10/20

 

連作4年目のさつまいも!昨年よりもいい感じです!

2日ほど前に家の周りの山々が初冠雪しました。その数日前まで日中はなかなかの暑さだったので、体も心もすっかり油断していました。

とっておきの暖かい服をそそくさと引っ張りだしては、すでに真冬仕様並みに着込んでいます。寒くなり始めは体が慣れていないので、ここは甘やかして多めに着込むが正解。

寒いとお世話になりがちなフリースも、洗濯のたびに大量のマイクロプラスチックを流出することを知ってしまったので、フリースではなくメリノウールやアンゴラのインナーと厚手のウールニット素材をうまいこと重ねてみたり、脱プラスチックの新たなる試みとして、圧縮ウール生地でジャケットを製作中。外側の生地の裁断が終わったところですが、更なる保温を求めて内側にもう1レイヤー暖かい生地をつけてみようと思います。

天然素材は静電気のストレスが少なく、暑くなっても湿度は放出してくれるので、汗冷えしにくいと言われています。重ねることで上手に暖かく過ごせるという提案ができたらいいなぁっと思っています。

さて、10月2回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、家庭菜園をやっている方必見!種採りのハウツーも掲載しています。秋の長夜を楽しむお家タイムにどうぞ。

ぴたらむし通信 ver. 2020/10/10

 

稲刈り待ちの田んぼは、あと1米ジャスミンライスを残すのみ。雨続きの前にどうにか干して脱穀した新米をついに食べました!

何年田んぼをやっていても、新米を食べるときはとても感慨深く感動的に美味しく感じます。

ことしの新米の注文が、オンラインショップでスタートとなりましたが。なぜだか今年は、「低糖質・アレルゲン無し」のあっさりササシグレが大人気です。

ササシグレの定期便の注文は、締め切りましたが単発購入は多少在庫がありますのでご興味があるかたは是非。

あっさりササシグレとは違い、甘みも甘みもがっつりなコシヒカリはまだまだ販売中ですので格別な美味しさの新米の時期にどうぞ。

さて、10月1回目のニュースレター 通称「ぴたらむし通信」(ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター)をブログに掲載しました。

今回は、秋の葉ものや小さな大根がはいり鍋でもやりたくなるような野菜がはいっていますよ。秋の長夜を楽しむお家タイムにどうぞ。