お風呂シリーズ ~大根干葉湯のご紹介~

大根の葉っぱをすっかり茶色くなるまで干したもの

=大根干葉 これをお風呂の入浴剤として使うのです。

《効能》全身の血行促進、冷え性、あらゆる婦人科疾患、皮膚病などの改善

大根の干葉には、

体を温める硫黄分、カルシウム、カロチン、ビタミンDなどが含まれ、

体の芯からぽかぽかに温めてくれます!

干し始めたころの大根葉



全身浴用80g
浸かり方は、全身浴・腰湯・足湯の3パターンにお使いいただけます。
いずれもお湯が褐色になるまで、じっくり煮出す事がポイント。
煮出したお湯は、大根の煮物のような良い香りがしますよー
大きな鍋で干葉を煮出し終えたら、ザルで濾したり網杓子のようなもので葉をすくいあげ、煮汁だけにします。これをいつものお風呂に注ぐだけ。

巾着袋をお持ちの場合は、
大根干葉を袋に詰めて、浴槽にいれてもOK!

でも煮出したほうが効果が高いようです。

本当に温まるので、寒い日のご褒美に。

冷え性の方、夏に冷房で冷えてしまったときにも使えます。

無農薬・無化学肥料で栽培した大根ですので、安心してお使いいただけます。

—–
・大根干葉湯(80g入り) 450円(税込み)

腰湯の場合は50g程度、足湯の場合は15g程度ご使用ください。
使用料は目安です。お好みで調整してください。
入浴用の巾着袋は付属していません。

もうひとつ<お風呂シリーズ>をご紹介。

ぴたらでは、油を取るためにエゴマを栽培していますが、こちらの入浴剤になります。シソ科なので香りがよくリラックス効果が期待できます。使い方は、大根干葉と同じです。

・荏胡麻湯 (80g入り) 450円(税込み)

どちらの商品も、送料は700円から、となります。

オンラインショップには、掲載しておりませんので

直接お問い合わせ下さい。

メールアドレス:shop★pitarafarm.com  (★を@に変えてください)

電話:0551-35-2793 加工担当宮下まで。

<年間イベント>ワンデーオープンファーム

年間イベントOneday open farm 今年も引き続き開催します。

Oneday open farmとは、

仲間と共に共同生活をしながら

自然循環型農業を営むぴたらファームの暮らしを

じっくりと味わっていただく一日です。

日々 田畑に出て作物を作り

自然に寄り添い多くの人と関わり合いながら

てづくりの暮らしをしているぴたらファームはとてもオルタナティブ。

他のイベントではお伝えしきれないことも実はたくさんあります。

農的暮らしやパーマカルチャー、有機農業、地方への移住など

参加される方の興味も様々ですが、ぴたらの暮らしからそれぞれ

暮らしへのヒントやきっかけを見つけていただけたら嬉しいです。

是非お気軽にご参加ください。

コンテンツ

1.暮らしの現場とパーマカルチャー設備の案内

2.みんなで囲む農家ランチ

3.有機農業の現場=畑や田んぼの見学

4.野菜や加工品のお買い物

※本イベントは農体験ではなく見学とお話がメインになります。

お子様連れの方はご了承の上ご参加ください。

参加費
大人(中学生以上):2,000円
子ども(3歳以上〜小学生以下):1,000円
幼児:無料
持ち物
汚れてもいい服装、靴、帽子
寒さ/暑さ・日焼け・虫対策等は、必要に応じて各自で準備をお願いします。
開催日時
11:00~15:00

開催日程

4/25(土)・6/27(土)・8/22(土)・10/31(土)



お申し込みはこちらから  https://ssl.form-mailer.jp/fms/c628d4f6563063

【イベント告知】手前みそ作り&お醤油仕込み見学

———————————
味噌づくり&お醤油仕込み見学

▼ お申し込みフォーム
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5a35c467573061

———————————
ぴたらファームの恒例イベントです。

3/7(土) 手前味噌づくり
1日目は毎年恒例の手前味噌作り。

農場で大事に育てた大豆、

自分たちの天日干し米に菌を付けた手作り米麹、

そして自然塩、
こだわり素材のみを使用したぴたら特製味噌をつくります。

「お味噌汁の出汁が必要ないくらい!」

「ごはんに載せて食べると何杯でもおかわりできそう!」

「焼きおにぎりにしたら最高においしかった!」など、
ぴたらのお味噌は美味しいと評判をいただいています。


ぴたらのお味噌がおいしい理由は、

使っている素材が良いからなのはもちろんですが、

一度にたくさんの量をみんなで楽しく仕込んでいるから♪

ご家庭では少量の仕込みでも十分かと思いますが、ぴたらファームの年間の味噌消費量はとても多いので、毎年大量のお味噌を仕込んでいます。少量仕込みよりもゆっくりと発酵が進むので、よりおいしく熟成されるのではと思います。人の手で丁寧にやさしく仕込んでいくお味噌。

お持ち帰り用に1㎏分は参加費に含まれていますので、それ以上欲しい方は別途ご相談下さい。容器を忘れずに!

少量の場合はタッパーやジップロックでも熟成可能です。

3/8(日) 醤油仕込み見学

二日目の午前中は、ぴたらの醤油仕込みを見学することができます。

メダカの学校さんで教えてもらったお醤油仕込みは、簡単で手間の少ない方法です。ぴたらはこの方法で2年醤油を仕込んできました。

毎年味が良くなっていく自家製のお醤油。今回はイベント直前に昨年仕込んだ醤油を絞るので、搾りたてのお醤油の味見もしていただけそうです。
醤油の絞りカスの活用法などもお伝えしますので、どうぞお楽しみに。

*お醤油のお持ち帰りはできません。

<スケジュール>
3/7(土) 10:30~17:00頃 :手前味噌作り
3/8(日) 9:30~11:00頃 :お醤油仕込み見学

<会場>
ぴたらファーム
山梨県北杜市白州町横手1118

<参加費>
大人(高校生以上) 
両日 参加(滞在費込み) 7500円
1日目・味噌作りのみ(昼食込み) 3000円
2日目・醤油仕込み見学のみ 1000円

*お持ち帰りのお味噌は、1㎏1200円から購入できます。もっと欲しい方は、ご相談ください。

子ども(小学生以上)
両日 参加(滞在費込み) 4000円
1日目・味噌作りのみ(昼食込み) 1500円
2日目・醤油仕込み見学のみ 500円
*お持ち帰りのお味噌は含まれていませんので、別途ご相談ください。

<持ち物>
・汚れてもいい服装/脱ぎ履きしやすい靴
・エプロン /三角布や手ぬぐいなど頭に巻くもの/ 手を拭く布巾/マスク
・味噌1kgが入る容器 (ジップロックやタッパーでも可)

▼ お申し込みフォームはこちら
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5a35c467573061

お早めにお申し込みください◎

*お問い合わせ先*
自然循環型オーガニックファーム

ぴたらファーム
tel/fax:0551-35-2793

E-mail:info@pitarafarm.com

交流会 @蚊帳の家→ぴたらファーム


毎年東京で開催してきた交流会
今年は山梨でやります

甲府のお隣甲斐市にある築170年の古民家をアートとリノベーションで再生させたコミュニティスペース 蚊帳の家をお借りして

→ぴたらファームでの開催に変更になりました


ぴたらのこれまでの活動をスライドショーで振り返りながら食べること・つくること・大地に根ざした暮らしについてざっくばらんにお話しします
こちらは去年の様子


農的暮らしに興味がある方や野菜ボックスを注文していただいてる方、イベントに遊びに来てくれたことがある方など去年はたくさんの人に参加していただきました。

もちろん初めての方も大歓迎です。


ぴたらのお米と野菜たっぷりのご飯をたべながらお話をしましょう

加工品やお米の販売もあります


私たちも皆さんとゆっくりお話ができるこの機会をとても楽しみにしています。


お申し込みはこちらからhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/8883663d587417

お問い合わせは info@pitarafarm.com までお願いします


ファームスタッフ・シェアハウスメンバー募集



ぴたらファームは2010年に始まった自然循環型オーガニックファームです。

パーマカルチャー哲学を取り入れ、田畑を中心とした持続可能な循環の暮らしを実践し
南アルプスの山々に囲まれた山梨県北杜市の築100年の古民家を拠点に
スタッフとシェアハウスメンバーで野菜やハーブ・米・小麦を育て
味噌・醤油などの調味料を手作りながら自給自足の暮らしを分かち合っています。

私たちと一緒に大地に根ざした暮らしをしませんか?


<ファームスタッフ募集>

仕事は専門の担当を受け持ちますが、お互いに協力し合い進めていきます。
作物の栽培から加工や建築など仕事は多岐に渡るので
暮らす中で多くの力が身に付くはずです。


<米・雑穀担当 1名>
   

 1年を通して常に田んぼと畑の状態を観察、把握し、適切なタイミングで作業を行います。
私たち日本人の主食「米」
四季を通してその成長をお世話することで見えてくるものは
野菜とは違うおもしろさがあります
自らの手で育てた新米をみんなで食べる喜びはひとしお

自給用・販売用問わずお米を育てたことがある方、
トラクター等の機械作業のできる方優遇


<加工担当 1名>

ジャム・干し野菜・漬物等ぴたらの野菜を使った加工品の製造
たくさんとれた野菜や少し傷のある野菜
出荷はできないけどおいしく食べられる
そんな野菜を新たなかたちに

昔ながらの保存食の知恵や新しいアイデアを持ち寄って
「おいしい」をつくりだすお仕事です


自給用・販売用問わず経験者優遇
食べること・作ることの好きな方





<給与について>
  月4万円〜 (最初の3ヶ月はお試し期間 月2万円)昇給あり。
  
  ※ 基本的な生活費(家賃・光熱費・通信費、ぴたらでの食費等)はかかりません。  
   無料駐車場あり。 希望があれば、シェアカーを6000円/月で利用できます。
 
<保険> 障害総合保険に加入します。
 
<勤務時間>
 基本的には1年目はフルタイムで担当の仕事を身に着けてもらう。
1日8時間程度。
1日の4分の1は農作業。残り4分の3は担当とする仕事に携わります。
 
<休暇> 
週に1日程度。天気や他のスタッフと要相談。
毎年1月は冬季休暇期間ですが、留守番として2週間程度ぴたらで滞在する必要があります。
その期間の給与は基本的には発生しませんが、交代でファームのケアをする期間に何らかの仕事をすれば相当の支払いが発生します。
 


<シェアハウスメンバー募集 2名>

1週間の半分はぴたらで農作業をはじめとする暮らしまわりの仕事
半分は自分の好きなことを生業に

自給農と自分のやりたいことを両立させた
半農半Xのライフスタイルを実践する最初の一歩をぴたらで過ごしてみませんか?


週3日ぴたらで仕事をした場合…家賃 20.000円/月
(日数により家賃は変動します)

食費・光熱費・wifi(母屋のみ)込み
冬季のみ暖房費3000円/月 ご負担いただきます。






<ぴたらの暮らし>
・スタッフ・シェアハウスメンバーは母屋と近隣のシェアハウスを含め4軒の家に分かれて居住。
早朝から夕刻までのワークタイム、昼・夜の食事を共にし、暮らしと仕事を分かち合っています。得意なことを分担しあい大変なことは助け合える魅力のある暮らしです。

・地球に負担のない暮らしを目指しているので、合成洗剤を使わない、残飯やストーブの灰の再利用、エネルギーを使いすぎない配慮などをしています。

・野菜全般、お米や小麦の他、味噌や醤油、はちみつなど一部の調味料を自給しています。
お肉は猟師さんから頂いたジビエやごく稀に鶏をいただきますが、基本は野菜中心の食事です。

・WWOOF というファーム体験エクスチェンジの仕組みから農ボランティアの外国人が多くやってきます。
世界中からやってくる個性的な人たちはぴたらの暮らしに刺激をもたらしてくれます。当然、英語が飛び交うことも多いです。

・ぴたらでは犬や猫、たまご自給のために鶏も飼っています。動物たちはぴたらの癒し担当です。

・食事は当番制になっているので平等にみんなに回ってきます。経験が無い人もじきに料理上手になってしまうはず。その時に育つ旬の野菜のみを使う料理は身体を健康に保ってくれます。

・パーマカルチャーはぴたらのキーワードの一つです。Permanent agriculture, Permanent cultureの略とされ、持続可能な暮らしのデザインを表わしています。鶏小屋、コンポストトイレ、ソーラードライヤーなどパーマカルチャーの考え方を取り入れて作っています。

・母屋となるぴたら邸は築100年以上の古民家です。石臼や唐箕、足踏み脱穀機など昔使われていた道具たちも現役で活用しています。過去に戻るつもりはありませんが、古くから伝わる魅力あるものに、自分たちのアイディアを上乗せして新しいデザインと融合していくことに楽しさを感じています。
 
ぴたらの暮らしについてはHPにも記載しています。
 
http://pitarafarm.com/about/lifestyle.php
 


お問い合わせ・応募は
info@pitarafarm.com まで

ぴたらファームの理念に共感し、
私たちと共にサステブルな暮らしをつくっていってくれる仲間を
お待ちしています!