稲刈りイベント

【イベント告知】9月26日(土)稲刈りイベント開催します。

今年度は田植えイベントの開催を控えるという苦渋の選択をしましたが、悩んだ結果秋の稲刈りは開催しようということになりました。決断が遅くなってしまったために、みなさんへの告知も遅れてしまいました。近い日程ではありますが、ぜひお誘い合わせの上ぴたらファームへ足を運んでもらえたらと思います。

広い空の下で、気持ちいい汗を流しましょう!

上の写真は現在の田んぼの様子です。全体に穂が出ています。あと一月で穂は熟して黄化し、しな垂れてきます。

【とき】2020年9月26日(土)10:30~15:00頃 
【ところ】ぴたらファーム(山梨県北杜市白州町横手1118)  
【料金】 大人 1,500円/小中学生 1,000円(小学生未満無料) 

当日日程
10:30 ぴたらファーム集合 
11:00 稲の収穫
12:00 お昼ごはん (※お弁当をご持参下さい)  
13:00 稲の収穫、稲架掛け
15:00 お茶タイム
15:30 解散 

<持ち物>
・汚れてもよい服装(稲藁でかぶれる方も多いので、長袖・長ズボンがオススメです。首回りを防ぐのに手ぬぐいも便利です)
・長靴、帽子、 軍手(軍手はこちらで購入もできますが、お子様用は用意して
いません。ご持参ください。)
・タオル
・日焼け止め
・お弁当、飲み物
・シート(昼食や、休憩時にあると便利です。)

<アクセス>

ぴたらファームへのアクセスはこちらをご覧ください。

http://pitarafarm.com/about/info.php

北杜市民バスをご利用の方は、10:05発の長坂駅発日野春駅行きのバスがちょうど良いです。

何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。
たくさんのご参加をお待ちしています

<イベント前日、イベント終了後、滞在希望の方へ>
ご希望の方は、別途料金で築100年の古民家滞在も可能です。
遠方の方など、お気軽にご相談ください。

<お申込み方法>
下記フォームよりお申し込みをお願いします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/4f597eb9567055

ぴたらむし通信 ver. 2020/8/11

 

長い長い梅雨が終わったと思ったら、標高700m級の白州でもうだる様な暑さが続き、例年あまり使っていない扇風機が大活躍しています。皆様どんな夏をお過ごしでしょうか? 

今日は、ぴたらのオーガニック野菜8種詰め合わせセットにいつも入れているニュースレター 通称「ぴたらむし通信」のお知らせです。

ぴたらむし通信では、野菜セットに入る8種類の野菜の品種、特徴や使い方などを手書きのイラストとともに紹介しています。

それ以外に、ぴたらキッチンで野菜料理に定評のあるしほちゃんによる手書きの野菜レシピ。ファームのイベント情報や旬の加工品情報、季節のおすそ分け情報などを満載。

スタッフ交代で書くコラムもあり、ファームのある白州の季節感やパーマカルチャー的な農的暮らしのあり方など、これからの暮らしのヒントになることもたくさん書いているので、野菜セットをご購入の方だけでなく、より多くの方にも読んでもらいたいと思い。ブログのほうにもPDFでアップすることにしました。

ぴたらむし通信が更新される2週間ごとに掲載しますので、ステイホームのお供に、暮らしを深めるヒントにどうぞご活用くださいませ。

<夏季限定開催>ワンデーオープンファーム

開催を見合わせていたオープンファームですが、

7月・8月限定で復活します!

このタイミングで暮らし方を変えようと思われた方も多いのではないでしょうか。

田んぼも畑もにぎやかな時期です。

夏の恵みを感じながら色々なお話ができたらと思います。

縁ある皆様との時間を楽しみにしています。

Oneday open farmとは、

仲間と共に共同生活をしながら

自然循環型農業を営むぴたらファームの暮らしを

じっくりと味わっていただく一日です。

日々 田畑に出て作物を作り

自然に寄り添い多くの人と関わり合いながら

てづくりの暮らしをしているぴたらファームはとてもオルタナティブ。

他のイベントではお伝えしきれないことも実はたくさんあります。

農的暮らしやパーマカルチャー、有機農業、地方への移住など

参加される方の興味も様々ですが、ぴたらの暮らしからそれぞれ

暮らしへのヒントやきっかけを見つけていただけたら嬉しいです。

是非お気軽にご参加ください。

コンテンツ

1.暮らしの現場とパーマカルチャー設備の案内

2.みんなで囲む農家ランチ

3.有機農業の現場=畑や田んぼの見学

4.野菜や加工品のお買い物

※本イベントは農体験ではなく見学とお話がメインになります。

お子様連れの方はご了承の上ご参加ください。

参加費
大人(中学生以上):2,000円
子ども(3歳以上〜小学生以下):1,000円
幼児:無料
持ち物
汚れてもいい服装、靴、帽子
寒さ/暑さ・日焼け・虫対策等は、必要に応じて各自で準備をお願いします。
開催日時
11:00~15:00

開催日程 7月25日(土)・8月29日(土)



お申し込みはこちらから  https://ssl.form-mailer.jp/fms/c628d4f6563063

追記:

8/24 キャンセルが出たため、あと4名ほど追加で参加者募集します。

参加お待ちしています。

pitara kitchenはじまりました

畑の野菜もにぎやかになってきた5月

いよいよ2020年のpitara kitchenがはじまりました

昨年はhonohono cafeさんをお借りしてプレートランチを提供させてもらいましたが、今年はぴたらの母屋に小さな小屋を建ててお弁当の販売という形になりました。

こんな感じでひっそりと木陰の下でお弁当屋さん
お隣には野菜の直売所もできました

お弁当は月に二回(第3土日)
野菜は毎週土曜日

ぴたらの入り口が賑やかになります。

5月は百番珈琲のキッチンカーも来てくれました。
自家焙煎のコーヒーがぴたらで飲める!
一番喜んだのは私たちスタッフかもしれません
お弁当はぴたらの庭で食べることもできます。

久しぶりのぴたらpitara kitchenで緊張しましたが、自分たちで育てた野菜を自分の手で料理して食べてもらえることに改めて喜びを感じた2日間でした。
小屋を作ってくれたり、野菜を収獲してきてくれたり、
物販の準備をしてくれたり
スタッフみんなの助けがあって出来ていることにも感謝です。

ぴたらの中で小さいけれども新しい循環が生まれたことはとても大きな一歩だと思います。

来月からもどうぞよろしくお願いします。


pitara kitchen
毎月第3土日 11:00~14:00
予約制
前日の15時までにお名前・電話番号・個数をメールにてお知らせ下さい
info@pitarafarm.com
当日分も少し用意していますのでお電話にてお問合せ下さい
070-5255-4489

詳細はInstagramにてお知らせしています




~ぴたらのオーガニック青梅、販売します~


*5/22更新 販売を終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。**

そろそろ、甘い香りに包まれて季節を感じながらの梅仕事がはじまります。

青梅の時期は「梅酒」や「梅シロップ」を大きな瓶に何種類も仕込んで、

黄色く熟し始めたら「梅干し」用にせっせと収穫して、たくさん仕込みます。

人気の「昔ながらの梅干し」は毎年注文が増えているので、今年はさらに増やして作る予定です。

ぴたらの庭には梅の木が5本、畑には15本程度梅の木があります。  

今までも青梅を希望の方にはおすそ分けしていましたが、今年から正式に販売することにしました。

よく知られている通り、梅には疲労回復や殺菌作用、整腸作用や夏バテ防止など、数多くの効能が証明されています。

おうちで楽しく仕込んで、体にいい梅のある生活をしてみませんか?

ご注文は、メールまたは電話にてお待ちしています。


◎内容量 
・青梅 1㎏ 1200円

・青梅 3㎏ 3500円

・青梅 5㎏ 5000円

*傷やサイズのバラつきがありますが、予めご了承ください。

 やや小ぶりの中サイズの予定です。
*なくなり次第、販売終了となります。

◎販売時期

 5月後半~ 収穫後、順次発送します。

 青梅は、収穫してからすぐに品質変化が始まってしまうので、

 発送日の指定はできませんが、お申込みの順番で発送致します。

◎青梅のおすすめ加工
 梅酒、カリカリ梅、梅シロップ、梅肉エキスなど。

 色々試してみたい方はまとめ買いがおすすめです。

DSC_1980

梅シロップのつくり方

暑い夏にうれしい梅ジュースとして召し上がれます。

小さなお子さんと一緒にも仕込むことができる簡単レシピです。

<必要な材料>

青梅  1㎏

お砂糖 700g (氷砂糖、甜菜糖などお好みで)

保存瓶 3Lサイズあると充分です。

<青梅シロップの作り方>

1.青梅をきれいに水で洗います。

竹くしなど先の細いものでヘタを取り除きます。

雑味の原因になるのでキレイに取りましょう。

約1時間、水に浸してアクを抜きます。

1時間経過したら、タオルなどで青梅の水分をふき取ります。

水が残っているとカビの原因になります、やさしく丁寧にふき取ってください。

保存瓶を熱湯消毒して水気が乾いたら、材料を入れていきます。

青梅とお砂糖を交互に瓶に入れます。

青梅とお砂糖がなじんで、だんだんとシロップが出てきます。

毎日保存瓶を数回ゆすってあげ、梅のエキスとお砂糖がなじんで溶け合うようにしてください。

約2週間後に出来上がり!すぐに取り出さなくても日持ちします。

シロップに漬かっていた青梅は、おやつ代わりに食べられます。

梅シロップは水やお湯、炭酸で好みの味になるように割ってお飲みください。

ぴたらでは、畑作業の合間に梅ジュースとして飲んだり、

手作りドレッシングの甘みとしてプラスして楽しんでいます。